咬み合わせ応力による楔状欠損

 
 
2011041418222628844.jpg

歯ぎしりや喰いしばりで歯に応力がかかり、歯の首が楔状(くさびじょう)に欠けた状態です。
 あまり知られていませんが、多くの人が睡眠中に強く喰いしばったり、歯ぎしりしていることが、最近の研究から分かっています。日中の奥歯での最大噛みしめ力は、およそ、その人の体重ほどですが、睡眠中の喰いしばりには、その1.5〜2倍の力が奥歯にかかっています。体重60kgの人では、睡眠中には90〜120kgの噛みしめが行われているわけです。それが長年続くと、次第に歯がすり減ったり、欠けたり、歯の根元にエグレ(楔状欠損)が、生じたりし、ひどい時には歯にヒビが入ったり、割れたりしてしまいます。
 楔状欠損は、主に側方への顎運動時に生じやすいのです。歯の根元の薄いエナメル質が異常な咬合力による歪みに耐えきれず、少しづつ欠けて剥がれ落ちた結果です。似たような症状に強圧のブラッシングによる歯の根元の欠損がありますが、これとは原因が違います。その場合は歯肉退縮を伴います。
 また、この噛みしめ力は、歯肉や歯を支えている骨にもダメージを与え、歯周病や歯並びを悪化させることがあります。
 詰め物やかぶせものが、よくはずれるという方は、夜間の歯ぎしり喰い縛りが原因かもしれません。
損耗した歯は光コンポジットレジン充填による修復(当院にて治療)が有効です。しかし、これはあくまでも対症療法であり根本的治療ではありません。
2011041418224026325.jpg
歯ぎしり、喰いしばりは、精神的ストレスが加わるほど強くなることが分かっています。リラクゼーションを心がけて、喰いしばりに気づいたら止めるよう努力しましょう。
夜間にマウスピースを入れて歯を楔状欠損などから守ることも有効な手段のひとつです。
このようなことでお困りの方は是非御来院下さい。マウスピースは保険診療で製作します。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

転んで歯が折れた場合の治療

 
 

2010030816115719895.jpg
2010030816122618022.jpg

転んで歯が折れた。幸い、歯髄(歯の神経)まで障害が及んでいなかったので光硬化型コンポジットレジンにて即日に保険診療にて修復した。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

神経ギリギリの深い虫歯

 
 
2010010621135121621.jpg
2010010621135121621_1.jpg

神経に近い虫歯は、金属を詰めて治療すると金属は熱を伝えやすいため治療後もしみることが多いです。光重合コンポジットレジン修復であれば断熱性があるのでしみることは殆どありません。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

光コンポジットレジンによる充填

 
 
2009122419354725763_3.jpg
200912241936427190.jpg
200912241936427190_1.jpg
200912241936427190_2.jpg

金属の下に虫歯があった。光コンポジットレジン充填により即日に治った。




 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

レーザーによる排膿

 
 
200912241934584765.jpg
200912241934594765.jpg

歯の根元が腫れているため来院。レーザーにて排膿を行った。
痛み、腫れともに即日におさまった。


 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

詰めた材料の下に虫歯が進行していた症例

 
 
200912241932035262.jpg

200912241932035262_1.jpg
200912241932035262_2.jpg
200912241932035262_3.jpg

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

金属で詰めた歯を保険診療で白い歯にする治療

 
 
200912241934125418.jpg
200912241934125418_1.jpg
200912241934125418_3.jpg

虫歯が歯の間まで進行していなければ、保険診療で銀歯を白い歯に換えることが出来ます。見た目も天然の歯と殆ど見分けがつきません!
詳しくは当院にて

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

古い治療のやり直し

 
 
2009122419385325763_2.jpg
2009122419385325763_3.jpg
200912241939194558.jpg

他院にて数年前に治療した部位の再治療を希望。変色と段差が認められる。
光重合レジンにより即日に治療完了。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

酸蝕歯について

 
 
200912161731081182.jpg
2009121617312022418.jpg
200912161731371264.jpg

 最近私達が摂取している食事や飲み物、ワインや、たくさんの果物、フルーツ ティーには、酸が含まれています。
酸が歯に触れると、歯の固いエナメル質が削り取られやすく、時間の経過とともに歯が薄くなっていくのです。この、食事中の酸によるエナメル質の摩耗は、酸蝕歯と呼ばれています。
また、慢性胃炎や、逆流性食道炎で、胃酸が口腔内に逆流して胃酸により歯が溶けてしまう場合もあります。写真の患者様は歯がシミル言うことで来院されました。ほぼ全ての歯のエナメル質が溶けてきてしまっていて、シミている所も多数ありました。会社の健康診断で慢性胃炎と診断されていたのでまずはそちらの治療を行い(胃酸の中和)それから歯の修復処置にはいろうと思っています。

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています

歯の間の虫歯の治療のやり直し

 
 
数年前、他院にて歯の間の虫歯を指摘され治療した。最近になって変色が気になるようになって来院。
虫歯を取ってみると半端がなく大きかったが、幸いなことに神経まではいかなかった。
レジンにて即日に修復を行った。
2009050115565113042.jpg
200905011557202641.jpg
2009050115574331503.jpg

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています
29件中(1件〜10件を表示しています)   前   |